MIPOMAEKAWA INTELLECTUAL PROPERTY OFFICE

前川知的財産事務所

知的財産権に関連するビジネスをトータルにサポートします。
特許出願を中心に数多くの知財にかかわる案件を手掛けながら若さ溢れる所長弁理士・前川直輝と、ライヴエンターテイメントの演出家・プロデューサーとして活躍をしてきたパートナー弁理士・関聡太郎がタッグを組んで立ち上げた新たなスタイルの知的財産事務所です。事業の企画段階から権利化、契約など、トータルにビジネスをサポートします。

Twitter

読み込み中…

事務所理念

産業・文化の発展に寄与
我が国の特許法、実用新案法、意匠法、商標法については、いずれも産業の発達に寄与することを目的とし、著作権法については文化の発展に寄与することを目的としております。
そこで私たちは、お客様の知財活動をサポートし、事業の成功を通して産業・文化の発展に寄与していきたいと考えています。
事業で勝つための知財活動の実践
企業が事業で勝ち続けていくためには常時の知財活動が必要不可欠であることから、私たちは、お客様の立場に立って事業で勝つための知的財産の創造、権利形成、活用等においてお客様と共に知恵を絞っていきます。
お客様とのコミュニケーションを重視
よい知財の創造、よい権利化、よい権利活用にはお客様との情報共有が必須であり、そのためにはコミュニケーションが何よりも大切であると考え、私たちはお客様とのコミュニケーションを重視してまいります。
所内におけるモットーは「成長」「協力」「笑顔」
お客様に常時安定したサービスを提供するために、各々の所員が絶え間なく成長を続けるとともに、所員同士が一体的に協力し合うことでお客様に満足していただき、お客様の笑顔が自分たちの笑顔となるような事務所を目指していきます。

事務所の特色

3つのトータルサポート

(1)知財法域のトータルサポート
弊所では知財法域の中で主に技術的な法域である特許、意匠については生粋の特許事務所育ちである所長弁理士の前川が担当し、ブランド(商標)、著作権については、演出家・プロデューサーとして自らが創作・契約に携わってきたパートナー弁理士の関が担当することで、知的財産事務所の名の通り、知的財産法域全般のサポートを実現しております。

知財法域のトータルサポート
(2)知財創造サイクルのトータルサポート
前川と関は、共に知財系の社会人大学院に通い、お互いの得意分野における知財戦略について研究してきました。私たちは知財の創造→権利化→活用のいわゆる知財創造サイクルがうまく回らなければ、事業で勝てないことを学びました。そこで、私たちは、知財創造サイクル全般にわたるサポートを行っていきます。
知財創造サイクルに応じた主なサービスは以下の通りです。
  • ①創造段階:知財発掘、調査
  • ②権利化段階:出願、中間処理
  • ③活用段階:評価、鑑定、交渉、契約
知財創造サイクルのトータルサポート
(3)知財マインドのトータルサポート
お客様が知財活動を行っていくには、事業で勝つための知財活動に関するマインド(知財マインド)を形成する必要がある場合もあるかと思われます。そのような場合にも、私たちはお客様に応じた研修プログラムをご用意し、知財マインドの形成のお手伝いもさせていただきます。

知財マインドのトータルサポート

所属弁理士

前川 直輝NAOKI MAEKAWA
前川 直輝
東海大学工学部航空宇宙学科を卒業後、特許事務所にて13年にわたって国内、外国の特許明細書の作成、中間処理、特許調査、鑑定等を担当する。主に機械、メカトロ、IT等を専門とするとともに、技術標準化や企業における知財戦略、知財評価等についての研究も続けている。
また、弁理士会での活動として知財経営コンサルティング委員会委員やADR推進機構の委員を歴任。本年度は、日本知的財産仲裁センター専門委員、事業適合性判定人候補者、事業に対する特許の貢献度評価人候補者となっている。
2009年9月に金沢工業大学大学院工学研究科知的創造システム専攻知財プロフェッショナルコースを修了。本大学院では、知財一筋でキヤノンを支えてきた丸島儀一氏のゼミ1期生として、知財戦略の本質を学び、修士論文において「勝つための知的財産経営における権利形成戦略に適した出願及び明細書」を研究した。 丸島氏とは現在も弁理士会の委員会や日本知的財産仲裁センターで共に活動を行っている。
所有資格:弁理士、応用情報技術者、自家用操縦士(滑空機)
関 聡太郎SOTARO SEKI
関 聡太郎
米国オハイオ大学大学院演劇科修士課程を修了後、劇団四季に入団。退団後は脚本演出家として数々の舞台、コンサート、テーマパーク作品を手掛ける。株式会社オリエンタルランドではクリエイティブディレクターとしてショー作品の制作演出を担当。2014年に弁理士取得、商標と著作権を専門とする弁理士となり、舞台や音楽フェスの国際契約にも携わる。また、尚美学園大学芸術情報学部舞台表現学科の准教授としてミュージカル史や演出、演技実習の講座を担当する。
2009年3月、金沢工業大学大学院工学研究科知的創造システム専攻知財プロフェッショナルコースを修了。修士論文のテーマは「ライヴエンターテイメントにおける著作権の研究」。

求人情報

現在、所長、パートナー弁理士、技術スタッフ2名の4名で構成されており、みな同じ知財大学院を修了した知財マインドの高いメンバーです。事務スタッフが欠けているため、現在事務スタッフを募集しています。
開業してまだ2年ほどの若い事務所ですが、その分自由な雰囲気で、お客様も気軽に立ち寄っていただけるようなアットホームな事務所です。
内部での教育は勿論、外部の教育機関も積極的に活用しますので未経験者でも安心です。
弁理士受験生も歓迎です。
弊所は「成長」「協力」「笑顔」をモットーとしており、私達と協力して、成長してくれる、笑顔の素敵な人材が来てくれることを願っています。

職種 特許事務(パート・アルバイト、正社員のいずれも可)
仕事内容 知的財産関係の事務(国内及び外国の特許庁やクライアントとのやりとり、期限管理、データ入力)、総務
応募資格 やる気があれば経験・性別不問(ただし所長(38歳)より若い方を希望)
基本的なPCスキル
・ワード:入力、作表、頁設定、編集、図形描画
・エクセル:入力、表計算
勤務時間 原則9:30~18:00(応相談)
休日・休暇 土日祝日、有給休暇、夏季休暇
給与・賞与 経験、能力、資格を考慮して決定させていただきます。
待遇・福利厚生 交通費全額支給、教育制度充実、不定期所員旅行有り
応募方法 履歴書を電子メールにてお送り下さい。
応募連絡先 担当:前川
E-mail:

アクセス

地図

JR新橋駅から徒歩10分、内幸町駅、虎ノ門駅から徒歩6分

住所 〒105-0003 東京都港区西新橋2-19-2安形ビル3階
地図(Google Map)はこちら
連絡先 電話/FAX: 03-6452-8913
E-mail:


ページ
先頭へ