seminar

セミナーのご案内
セミナーのご案内

スタートアップ・ベンチャー企業向け知財覚醒教室②「特許戦略 概念編」

開催日2024.06.13

スタートアップ・ベンチャー企業経営者・企業知財部員向け、最短1カ月で知財戦略を習得できる「知財覚醒教室」シリーズ(全4回)の第2回目です。
第2回目の「特許戦略 概念編」では、特許権の本質から事業で勝つための特許戦略とはどのように考えていけばよいのかをわかりやすく説明します。
本セミナーは、技術力を事業に結び付けたい企業の方、特許の法律的な話ではなく事業にどう活かせるのかを知りたい方、等に適しています。
具体的な講義内容は以下の通りです。

  • 特許が持つ排他権の本当の意味
  • 事業は特許の地雷原の中にある
  • 知財力は相対的なもの
  • 権利形成に意識すべきこと
  • 守りの特許とは
  • 攻めの特許とは
  • 特許は時間に縛られている

知財覚醒教室について

知財覚醒教室は、知的財産権の基礎から実践まで学べるセミナーです。知的財産という難しい概念を、極力文字ではなく図解等により分かりやすく解説し、これまで知財に関わりのなかった方でも、容易に理解できるよう工夫しています。最終的な目標は、受講者自らが学んだ知財の知識を自社の事業に活かしていただくことです。
知財覚醒教室は、①「知財ミックス戦略」、②「特許戦略 概念編」、③「特許戦略 権利形成編」、④「特許戦略 活用編」の全4回を定期的に行う予定であり、どこを受けてもいただいてもOKです。

セミナー概要

日時
2024/6/13(木)18:30~20:00
場所
東京都千代田区日比谷公1-3市政会館5階(〒100-0012東京都千代田区日比谷公園1−3 市政会館5階)
連絡先
03-6206-1253
E-mail: n.maekawa@maekawa-ip.com
担当
前川
対象者
スタートアップ・ベンチャー企業経営者・企業知財部員(ただし特に制限するものではありません。)
定員
8名程度(定員に達し次第受付を終了させていただきます。)
費用
無料

※少人数なので講師・受講者でコミュニケーションを取りながら進めてまいります。

セミナー講師 代表弁理士 前川直輝

セミナー講師のご紹介

東海大学工学部航空宇宙学科を卒業後、特許事務所にて13年にわたって国内、外国の特許明細書の作成、中間処理、特許調査、鑑定等を担当する。主に機械、メカトロ、IT等を専門とするとともに、技術標準化や企業における知財戦略、知財評価等についての研究も続けている。
また、弁理士会での活動として知財経営コンサルティング委員会委員を経験した後、2020年度までADR推進機構に所属し、2022年度からは知財活用検討委員会に所属。
また、日本知的財産仲裁センター(https://www.ip-adr.gr.jp/)の運営委員、事業適合性判定人候補者、事業に対する特許の貢献度評価人候補者、センター必須判定事件管理者となっている。
2009年9月に金沢工業大学大学院工学研究科知的創造システム専攻知財プロフェッショナルコースを修了。本大学院では、知財一筋でキヤノンを支えてきた丸島儀一氏のゼミ1期生として、知財戦略の本質を学び、修士論文において「勝つための知的財産経営における権利形成戦略に適した出願及び明細書」を研究した。
また、平成29年度IIP知財塾第11期生として「特許、データ及びAIの価値評価手法」を研究。

【所有資格】

弁理士、AIPE認定 知的財産アナリスト(特許)、応用情報技術者、測量士補試験合格、自家用操縦士(滑空機)

【講師メッセージ】

私のこれまでの特許事務所、弁理士としての約20年の経験と、知財大学院等で学んできた知識を、どなたにも理解できるよう、分かりやすくお伝えすることを心がけています。受講してくださった方には、このセミナーを通じて、ぜひとも知財を自社の事業に活かしていただきたいと思っています。

お申込みフォーム
一覧へ戻る

pagetop